スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスクも大きくなりました

大きくなった・・・・・・と言いながらも、今日の写真は1ヶ月は前のものかな??

まだ小さい ラスク です。

rusk




わたしが頭痛でアイスノンして寝ていた時のです(^_^;)

こんな感じで寝ている私なのです。(わたしはうつってないけど)

rusk

来月中旬には去勢手術を控えています。

まだ3kg弱ですが、それまでには超えるでしょう

スポンサーサイト

シャムMIXと真っ黒なかわいい子達


 前回に書いた山に捨てに行くと言われていた子達2匹です。
不憫に思われた猫友達のSさんが、お宅で保護してくださっています。 

二匹とも未だ四ヶ月過ぎ どちらもオスでかわいいです。
ウイルス検査=エイズ・白血病陰性
去勢手術・ワクチン・レボリューション・プロフェンダー完了しました。


★ペルレ

perle




★ラウト

laut


里親さんを募集しています。


新しい家へ。

なかなか更新できず・・・。

前回の2匹。

11月7日に退院して我が家へやってきました。


・・・で、翌日には新しい家へ行ったのです。


まずは、生後5ヶ月ぐらいの男の子。

猫友のオタクへ。

たまたまお茶する約束をしていて、「今日うちに来たのよ~、案の定旦那が怒ってるわ~(笑)」と写真を見せたところ、うちで預かってもいいと言ってくださったのです。
怖い目に遭ってきた子なので、警戒心も強いし左目がもう見えないかもしれないとは伝えていました。
彼女の性格からして、恐らく手放せないだろうとは思いながら翌日連れて行きました。


命名 「Shadi Phoenix(シャディ・フィニックス)」

警戒心強くて、すぐには馴れないかと思ったのですが・・・猫友宅へ連れて行って10分程でこんな具合に。

15歳の息子さんのAくんに抱っこされるシャディ君。
shadi

毎晩Aくんと寝ているそうです
shadi

大事にしていただいています。 良かったですヽ(´▽`)/

*********************

もう一匹の白黒は、不思議なぐらいにフレンドリーです。
うちに連れて来た途端、まるで長年ここに住んでいるかのように馴染んでいました。
亡きせんべいを思い出しました。
とにかく不思議な子です。

猫友宅から帰宅して、この子なら実家で受け入れてもらえると確信し、母親には一時預かりということで頼んで連れて行きました。
去年22歳のノラちゃんが亡くなってからは、妹のキトちゃん一匹です。 もう一匹ぐらい新しい子を、と妹が持ちかけても
母はもう猫は増やさないと頑固に反対していたそうです。

・・・で、あっという間に馴染んで数時間後には母親のベッドに入り一緒に寝ていたのでした。

命名 「ごろう」

妹が3日間不在していた間にいつの間にかごろうちゃんになっていたのです。

1歳半~2歳だろうとのことです。
goro

母に抱っこされるごろうちゃん。
goro


うちにいた頃。。。といっても一晩だけでしたが。
goro

なにわともあれ、あれよあれよという間に行き先が決まってよかったです

*****************

また別の場所で保護された黒猫とシャムミックスの兄弟がいます。(知り合いのボランティアが保護)

手術を依頼したエサやりは、シャムミックスだけ家にいれて黒い子は山に捨てるつもりだったのです。

しかも、最初は安楽死をさせようと、病院に連れて行ったものの、「こんな元気な猫を安楽死などできません」と断られ、保健所に連れて行ったら耳カットしていたので、家猫ではないのは引き取れないと断られたそうです。

あとからあとからこんな酷い話が耳に入ってきます。

中途半端な猫好き(とも言いたくないけれど)が、不幸な猫をつくっているのだと改めてうんざりです。
どんな神経をしているのか。
上記の主は、一見まともな暮らしをしている普通の女性なのです。
こういう人間の方が意外と世渡り上手なんですよね~。

捕獲・手術済みました

昨夜、2匹を保護出来ました。

男の子でした。

去勢済み、ノミ・回虫駆除、エイズ・白血病共に陰性
3種混合ワクチン接種

リリースはしません。

なぜなら、猫取りが出没する可能性大で、そんなところには戻せません。
今回依頼のエサやりのS田さんによると、他のエサやりが絡んでいるようです。
売ってお金をもらっているのではないでしょうか。 
去年手術した猫たちに餌をやっていた女性です。 他にも何人もエサやりがいたのですが今では一切エサやりはしていないそうです。 
あり得ないようなことがそこの地域では起こるのです。 あり得ないことをする人間が住んでいるのです。

S田さんは大分前からその軍団から離れてひとりでエサやりをしているそうです。
でもほとんど猫取りにやられてしまったので、頭数的にはそれほどはいないようです。

他にも何匹か見かけたで手術をしようと猫友のSさんと決めています。


★ 小ぶりです。まだ幼そうですが歯は生え変わっています。

怖がりなところはありますが、エサやりさんの足元にまとわりついていたのですぐに馴れると思います。
silverwhite



★ この子は人馴れしています。 甘えんぼうだそうです。
突然現れたそうです。どうやら捨てられて彷徨ってきたようです。

blackwhite

可愛い声で鳴いていました。
blackwhite


コロンとしています。
blackwhite

年齢はまた先生に聞いてみますが、それほど歳は取っていないようです。

金曜日に退院します。 
それから本格的に里親募集をするつもりです。




<よろしければクリックお願いします
    ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ




猫が次々といなくなる。

掃除機をかけると逃げ回り隠れます。


★ こわばった表情/(-_-)\

tanpopo



★ いつもは勇敢なマイケルも猫ベッドで隠れてます

michael


****************

昨年とある地域で手術をしてリリースした猫たち。20匹は超えていたかと思います。

それがここのところ、ごっそりといなくなったと電話がありました。

もしやわたしとSさんが活動しているのではと。
でも、耳カットしてるので捕まっても放すだろうしおかしいねと話していたそうです。
猫取りではないでしょうか。
ああいう業者は、寝静まった後に捕獲箱を仕掛けると聞いています。
数日前、夜遅くに暴走族数人がいたそうですが、「こんなとこに箱があるぞー」「邪魔だから蹴ってしまえー」という声が聞こえたらしいです。 
もしやそれは捕獲箱??
夜中だし、怖いので見に行かなかったと言っていました。

せっかく手術して入院してリリースしたのに。 
ああいう底辺の人間たちの生業の犠牲になるとは。 
うちに連れて帰ったこつぶ。 あの子も犠牲になっていたかもしれません。

そんな中、最近現れた2匹の手術を頼まれました。
一匹はご飯より甘えたい子だそうです。 捨てられたのでしょうか。
いずれにしろあんな危険地帯には戻したくありませんね。
捕獲してからどんな子か見て、里親さん探せたらと思います。
依頼してきた人も恐らく70歳にはなっているはずです。家に入れると言われても任せられる年齢ではないし。。。

もう一匹はまだ小さいそうだけど、怖い目にあったらしくすごく警戒心が強くなったそうです。

手術の予約が取れたので、あす夜に捕獲試みます。




<よろしければクリックお願いします
    ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ



うらんのその後

この8月、 うらんの腎臓の数値が悪くなり、点滴と強制給餌を始めたことを書きました。

一日おきから毎日の点滴になり、全く食べないうらんを洗濯ネットにいれての強制給餌の日々でした。

それが、いつの頃からかご飯が欲しいという素振りを見せ始め、最初は自発的に食べるならなんでも良いと、ホタテのお刺身を毎日少しずつあげていましたが、そのうち缶詰、ドライフードを食べるようになりました。

血液検査の結果、大分改善されて、そして体重もグンと増えました。

点滴も週2回に減りました。

一時はもうダメかと思いましたが、持ち直して良かったです。


★ 9月に撮った写真。 毛並みがもうボロボロ。 2kgちょっとしかありませんでした。

uran



★ 先月のうーちゃん。体重も3kg近くに戻っています。 

uran




プロフィール

Yuzuna

Author:Yuzuna
2匹からスタートした猫との生活。多頭飼いになり、益々ドタバタの毎日です。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
管理人のページ

★M-CATS' PLACE (MAIN SITE)          ★掲示板                      ★猫まみれ日記Part (05/1/10~07/1/6)                              ★旧猫まみれ日記(01/6/28~05/1/9)

リンク
*****

カウンター夜行バスフットサルコート

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。