スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガブリエルくん戻ってきました

gabby


里子に出たガブリエルくんのことを覚えていらっしゃるでしょうか。

昨日から我が家にいます。

要するに、出戻ってきたのです

・・・ガブくんはうちにいた頃と同じように、一定の場所なら撫でたりブラッシングも出来る状態だったようですが、広い空間では逃げて隠れてしまって姿をあまり見ない生活が続いているとはメールで報告を受けていました。

そんな、懐かないガブくんにストレスを感じられていたようで、こんなに色々世話をしているのになぜ?という気持ちが湧いてきたみたいです。

里親さんも最初の頃は、愛情を持って可愛がってくださっていたのは私も感じていて、安心していました。

でもいつの間にかそんな気持ちが変わってしまったようです。

愛情がいま一つ湧かない、自分が拾った子なら仕方ないで済むけれど・・・という言葉もあり、そんな風に思われて接して来られたガブくんの気持ちを思うと…。

もちろんガブくんは何ひとつ悪いことはしてません。
威嚇など一切しないし、撫でるとゴロンとお腹を見せるような子だし、それで十分ではと私なら思うのですが、人それぞれ思いは違うんでしょうね。

ガブくんには本当に可哀そうなことをしてしまいました。

今日に到るまで、里親さん親子で色々な会話があったはずです。
ガブくんは、自分のことを否定される言葉をずっと耳にしてきたのでしょう。
(猫は人間の言葉がわかります。猫をあなどってはいけない

最初のうちはともかく、最後の方は大事にしてもらってなかったはずです

案の定、うちにいた頃と違って性格が荒くなっていました。
やっぱり・・・と思いました。
表情や、目の動きでわかります。(だてに毎日24匹と接していませんもの)
きっとたくさん傷ついてきたんだろうなぁと不憫でなりません。

戻されたことに関しては 里親さんを責める気持ちはありません。(3ヶ月間、ご飯とトイレの世話もしてくださったし、お世話になったと感謝はしています)
ただ、ガブくんを辛い目にあわせたことには反省をしていただきたいです。

でも今回、一番責められるべき人間は私です。

こうなることを見抜けなかった、自分の判断ミスです。

私は里子に出す際、必ず里親さんには「飼えなくなったら何年経ってもうちで引き取ります」とお伝えしています。

ガブくんの時は、今までになく何度もその言葉を繰り返していました。
普通なら、あまりしつこく言っては失礼だと思うので、1,2度お伝えするぐらいなのに、何か予感するものがあったのかなぁ・・・と思ったり。

色々あったけど、もう大丈夫。
私は(猫だけには)とっても寛大だし、何も要求しませんもの。

元気でいてくれたらそれで十分。
ガブくんの丸い体を見てるだけで、笑える癒されるしね

*********

具合の悪いチャーリー ですが、私は腎臓のせいだと勝手に思い込んでましたが、テンカンの発作で具合が悪くなり食べられなくなって、ドンドン体力が落ちてきたようです。

お陰様で強制給餌と点滴で、少し元気を取り戻しました。

チャーリーのことと、ガブくんのことが重なったので、少々疲れましたが両方とも、良い風に運んでいるのでほっと一息ついております

これからもちょくちょく天使ガブリエルくんが登場しますので、よろしくです~~


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ガブくんは幸せになってると思っていたのに(-_-;)
広い空間では逃げて隠れるってだけで・・・

(元)里親さんに言いたい!

ガブくんは外で生活している時に、彼は怖い思いなどたくさんしてきたと思う。
逃げて隠れる事で生きて来たんだと思う。
それが生きて行く上で大事だったからだと思う。
今もそれが残ってしまってるんだと思う。
まったく懐かないのではなく、一定のガブくんが安心出来る場所だとブラッシングも出来たりしてたのなら、それはそれで心を許していたと思う。
うちのモモも私が立ってる時は逃げたりしていた。
でも、座っていたり寝転がっていると甘えて来るようにまでなった。
ここまでなるのに数ヶ月ではない。
直ぐに慣れてベタベタ甘える子もいるだろうけど、全部が全部そうではない。
猫はすぐにベタベタ甘えてくると安易な考えでは駄目だと思う。
ガブくんは外での心の傷がまだまだ癒えてないのに、さらに心の傷を与えてしまったとは(>_<)
ガブくんを幸せにしてあげようと思って里親になったのではないのですか?
ただ場所で逃げたり隠れたりする事がそんなに耐えれない事なんですか?
猫に自分が幸せな気持ちになれる事だけを求めてませんか?

ただ一つ、里親さんは良い事をしました。
それは捨てたりせず、Yuzunaさんに戻してくださった事です。
これだけはありがとうと言います。

Yuzunaさんの日記にこんなコメントを書いて申し訳ないです。
でも、ガブくんの気持ちを考えると可哀想で・・・
再び心が傷ついたガブくんのケアをよろしくお願いします。

ガブくん・・・悲しいですね。
ちょっとグレに似てて(顔と八割れ具合が・・・)他人事ではないような親近感を勝手に持ってましたので
里親さんが決まった時には本当に嬉しい気持ちでした。
その後の報告でも大切にしてもらってるようでしたので安心してました。
辛い日々を送ってたのかと思うと可哀相です。
あけみさんの言われてる通りだと思います。
うちもチーが最初そんな感じでした。
あまり人に擦り寄ってきたりしなくて、顔見て逃げたりとか・・・(^^;
膝に乗って甘えるようになったのはホント最近なんですよね(何年目だろう?--;)
それはそれでその子の個性だからこれでいいと思ってます。
もっと気長に接して欲しかったですね。
ガブくん、Yuzunaさんのところでゆっくり心の傷を癒してね(^^)

チャーリーちゃん良くなってきてるようで良かったですね。
Yuzunaさんもお体ご自愛くださいね。

Yuzunaさん、お久しぶりです。
ガブくん残念でしたね・・・
Yuzunaさん、自分を責めないでくださいね あなたが、猫達の為に精一杯されてるのは、とてもわかりますよ(^0^) あなたの所に帰れたガブ君は、きっと大丈夫!!元気だして下さいね

う~ん・・・
家庭内野良2匹と暮らしてる私からしたら
ブラッシングさせてくれるくらいなら、いいと思うんだけどな。
すあまを貰った時、元野良で人馴れしてないって事で
保護主さん、すごく心配してた。
あまり気にならなかったのは、長い間犬と暮らしていて
猫は気が向かなければ、こっちにこないって
イメージが私にあったからかも。
人それぞれ、猫に要求するものが違うから
仕方ないのかも。
でも、戻してくれて良かった。

あれまぁ…ですが、ガブくんにとってはyuzunaさんのところは安心できるところだと思うので、帰って来れてよかったですよ。
yuzunaさんみたいに猫に寛大な人ばっかりじゃないんですね…

うちのオマルも、うちに来て10日以上、人のいる時間は、押入れにこもりきり。
それでも、人がいなくなると、ご飯を食べてトイレを使ってくれたから、それだけでいいと思えた。
ほんとに慣れてくれたと思えたのは2年後。
心から安心できるまでの時間って、猫それぞれだから、待ってあげて欲しかったな。
勝手に外に出されなくて良かったです。

あけみさんの言うとおり、ガブくんは外での生活で怖い思いをして
きただろうから怖がって逃げるのも無理ないよね。
そういうことを考えられない人は多いんだろうけど、まさか自分が選んだ
里親さんがそんな人だとは夢にも思わなかった

ガブくんを渡す前にも、触れるまで4年かかったミルキーのことも話したし、
3年経っても未だに威嚇して逃げ回るJETくんのことも、実際見てたはずなのに。
結局は、他人事として聞いてたんだと思います。

モモちゃんも怖がりさんだったもんね。
あけみさんも、そんなモモちゃんに気長に接して少しずつ距離を縮めていってたし、
それが本当だと思ってたんだけどなぁ

確かに捨てられずにすんで良かったと思ってます。
でも、もしガブくんが里親さんが保護した子だったらどうなってたかな?・・・って。

貴重なコメント、本当に有難うございました

元に戻りつつあるので、ホッとしてるところです。
ガブくんってお尻ポンポンが大好きなので、またポンポンしにきてやってね(笑)

ガブくんの里親募集中は、てんこさんにも応援していただいてましたよね。
グレくんの時のことも思い出して、てんこさんのような優しい里親さんと
出会えたらたなぁと思っていたところに、縁があったので喜んでたんですが…。

チーちゃんも、怖がりさんだったんですね。
小さい頃から一緒に暮らしていても、それぞれ性格もあるしうちでも
手乗りサイズからいたココアだって、今でも顔を見たら逃げたりしてます(笑)
おっしゃる通り、個性としてとらえたらいいんですよね。

グレくんみたいに幸せにはなれなかったけど、うちで傷を癒して幸せに(と、
感じてくれたら)暮して欲しいと思っています。

チャーリーのこと、どうも有難うございます。
少しずつ目に力も出てきて、徐々に回復しています^^

Shineママさん、どうも有難うございます。
再びガブくんと暮らせるのは、嬉しく思っています。
色々な言葉を浴びせられたんだろうと思うと、ガブくんが不憫ですが
これからは、思いっきりかわいがっていきたいと思っています。

「家庭内野良」って結構よく聞くから、特に珍しいこともないんだと
思ってたんだけど、懐かない子には愛情が湧かない人って結構多いのかも
しれないね。 
ガブくんなんて触り放題だしお腹を見せまくりだから、
それで十分だと思ってたんだけどなぁ(-_-;)

逃げて姿を見せないというメールをもらうたびに、なんか不安だったので
もうそういう心配する必要ないからやれやれだ・・

ガブくんは、大分落ち着いたようなので一安心です。
懐かないと言われても、ベタベタと触れるから懐いてるのでは?と
思うんですが、人それぞれ感じ方が違うんですね。

なんだか里親募集にも益々猜疑心の塊になりそうです。(-_-;)

オマルちゃんのようなケースはよく聞きますし、それが猫だと
思うんです。
特に保護された子は、それまできっと怖い思いをしてきただろうから、
人馴れするまでには長い年月がかかるはずですよね。

ご飯をちゃんと食べて、トイレをしてくれたら、ああ、元気なんだな、と
思って安心する…そんな感じでつきあっていけばいつかは距離が縮まると
思うんだけどなぁ。
らぶにゃさんみたいに、気長に見守ってくださるような里親さんが
もっといたら、安心なんですが。

こんばんわ

ガブちゃんの事、日記読んで残念で仕方ありませんでした(悲)でもそんな環境の中で生活していくよりはハッキリと正直に里親さんに言ってもらって良かったとも思います。小さい時から愛情タップリ何不自由ない暮らしをさせてても家のカリブ(今年で10歳)のようにいまだに愛想なく(笑)寄れば逃げる子もいる・・・そうかと思えばブータンのように推定10歳までノラ生活をしていたって家猫になったらお膝大好きの甘えっ子になったり・・・猫って分からないですよね!なつかないと満足出来ない人は猫でなく犬を飼うべきですね!(決してガブ君の里親様を非難していません)yuzuna様の負担は少し増えてしまうけど今のガブ君の頼りはyuzuna様!!言葉だけの応援で心苦しいですが頑張って下さいねっ!

そうですか…

ガブちゃんは、賢い子なんでしょうね。
きっと自分で、「ここは居るべき場所じゃない」と察知したんでしょうね。

エイズキャリアのガブちゃんを迎える決心をした元里親さんは、とても勇気がいったことでしょう。
だって、経験があるなら、なおさらだと私は思うのです。

私は、ガンの子を看取り、ある程度の理解と世話が出来ると自負しているつもりですが、やはり「またあの闘病がはじまったら…」という怖れ感が出てきてしまったときのことを考えると、病気の子を迎える勇気はありません。

そういうことを考えると、
元里親さんは、すごく大変な決断をされたりっぱなかたなんだと思います。

そうでなければ、逆に「そこまで思っていなかった」甘い考えで、引き受けてしまった、のかどちらかなんだと思います。

どちらにしても、元里親さんの、改めて沸いてきた躊躇してしまった気持ちを感じてしまったのかもしれませんね。賢いガブちゃんは。
そして、懐くのをやめてしまったんでしょうねぇ。優しいガブちゃん。

本当に残念です。

いつも温かいコメントをありがとうございます。
突然の発表に、驚かれたと思いますが(>_<)私の中では
妙に納得したところもあり(のちほど日記に載せます)
残念なのは、もっと早くに返してもらえなかったことです。

うちも、手乗りサイズからいる子よりも、10年以上野良生活を
してきた子の方がベタベタと甘えてきたり、猫にもいろいろ
いるんだなぁ・・・と。
でも懐っこい子もそうでない子も、それぞれ可愛いし触れない子も
一生懸命食べている姿を、ふむふむと、楽しんで見ています(^◇^)

ガブくんは、甘えん坊なのになかなか時間が取れないのが
可哀そうですが、ケージ卒業すればもっと楽しんでくれると思っています^^

まこさんのおっしゃる通りだと思います。
ガブくんは何かを感じ取ったんだろうなぁ・・・って。

猫は人の気持ちもわかるし、感が鋭いですものね。

それに、元々ガブはエアちゃんをうちに連れて来れるように
一時的に我が家を留守にしただけかもしれないと思うのです。

元里親さんにガブくんを託そうと思ったのは、エイズの猫を飼った
経験があったという点が一番大きかったです。(それがなかったら恐らく渡してなかったとは思います)


まこさんもダイヤちゃんを長い間看病されて、お辛い経験を
されているから、躊躇されるのはわかります。。

私もサークル君を白血病で亡くしているので、同じような子を
保護するならともかく、里親になるのは躊躇してしまうとは思います。

>そういうことを考えると、・・・
私が思うに、後者のような気が・・・

里子に出てからの里親さんの近況メールに、途中から、??という
気持ちもあり、ずっと心配な部分があったのでうちに戻して
正直ほっとしています。

今度こそは我が家を安住の地として、幸せに感じてくれたらと思っています。
プロフィール

Yuzuna

Author:Yuzuna
2匹からスタートした猫との生活。多頭飼いになり、益々ドタバタの毎日です。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
管理人のページ

★M-CATS' PLACE (MAIN SITE)          ★掲示板                      ★猫まみれ日記Part (05/1/10~07/1/6)                              ★旧猫まみれ日記(01/6/28~05/1/9)

リンク
*****

カウンター夜行バスフットサルコート

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。